steamおすすめゲーム紹介 shardbound

スマホはてなブログ書くと画像のサイズがとんでもないことになると気づき始めました。

ハースストーンやシャドウバースの影響か、DTCGが本当に広まったなあと感じている今日この頃です。グウェントもすごいし、COJPやウォーブレなんかも後に続いていってほしいと思います。

というわけで今回はDTCG+ボードゲームの要素も加わったsteamゲームを紹介しようと思います。こちらです

早期アクセスのゲームですが、ゲーム全体の面白さは当然のことながら、グラフィック面でも頑張っているゲームです。

日本人ユーザーは少ないですが、たまーに外国人がツイッチで配信してたりします。

どんなゲームか簡単に説明していこうと思います。

DTCG+ボードゲーム

f:id:katuobus:20170807093811j:plain

こんな感じのマップに自分のカードを召喚して、相手のヒーローの体力を0にしたほうが勝ちのゲームです。

少し高くなっているところを境目に自分の陣地と相手の陣地に分かれています。

ゲームの流れとしては自分の陣地に召喚、相手の陣地へ移動、攻撃の流れです。

f:id:katuobus:20170807094159j:plain f:id:katuobus:20170807094246j:plain f:id:katuobus:20170807094631j:plain

またこのゲームには視界の概念があり、一部のカードは視界が通っている範囲に攻撃できたりや、スペルによって盤面に影響を与えることができます。

↓ 目のマークが出ていると、選んでいるミニオンから視界が通っている状態であることを示している。 写真で選択中のミニオン(ヒーロー)は視界が通っている範囲に遠距離攻撃を行うことができます。

f:id:katuobus:20170807095613j:plain f:id:katuobus:20170807095620j:plain

そのほかにも通常3マスしか移動できないミニオンですが、能力が低い代わりにどこでも移動できるFlyingやミニオンを引き付ける、もしくは遠ざけるcharmやfearといった能力、アーティファクトという常時効果を発動する置物などが、盤面の状況を変えていきます。

ゲーム性については簡単に説明するとこんな感じです。ゆっくり実況なんかも上がっており、そちらのほうが動きがあるのでわかりやすく魅力的に説明されているので、時間がある方はぜひ見てみてください。(僕の動画ではないです)

www.youtube.com

次はゲーム性以外の面を紹介していきます。

作りこもうとしているグラフィック

f:id:katuobus:20170807103205j:plain f:id:katuobus:20170807103158j:plain

青のヒーローモリ教授です。かわいい。

その他のミニオンで言えば

f:id:katuobus:20170807103813j:plain f:id:katuobus:20170807103817j:plain

こんな感じです。未完成で汎用のグラフィックを使っているものがまだまだ多いですが、少しずつ増えていっています。ゲームをする点でいえば問題ないのですが、レジェンドが汎用グラフィックを使っているのは流石にって感じなのでコモンよりも優先してもらいたいものです。デスウイングのイラストがアングリーチキンで、アリスがフェアリーのイラストだったら引いた時の喜びも半減です。

無課金でもどうにかなる

このゲームニュートラルが各色の下位互換ということがないので必須カードを作ったり引いたりすると使いまわせます。

カード集めに関してもデイリーやミッションでそれなりにゲーム内マネーやBOX(ほかのゲームで言うとパック。このゲームでは3枚出てきて一枚選ぶ方式)がもらえ、カードを生成することもできます。

まあでも余裕がある方は600円くらい課金するとレジェンド一枚確定で50枚カードが手に入るのでそれだけ課金すると一生遊べます。おすすめです。

wikiに安く組めてそれなりに強いデッキが紹介されているので貼っておきます。

Red 安価デッキ - Shardbound JP Wiki*

使い方なんかはまだ手が付けられていない状態ですので、どっかのタイミングで書けたらなあと思います(デッキ作ったの僕ではないですけれども)

Wikiが充実している

有志の方によってすべてのカードが日本語訳され、BOXを開ける際のカードの点数や、デッキ紹介、コラムなどが乗っています。早期アクセスのゲームの中でもかなりしっかり作られています。

また、疑問点などは日本人向けのディスコードが作られているので、そちらで質問するとだいたい誰かが答えてくれます。

英語ということで敷居は若干高く見えますが、wiki等を見ながらやればあまり問題はないと思います。

終わりに

低スぺのノートPCでも設定さえ下げれば動きますし、ランク戦とカジュアル以外にもCPU戦で練習できてお試しでやるにはお手軽だと思います。

なにか新しいDTCGを触ってみたくなった方、ぜひshardboundを触ってみてください!

 プレイ動画(ニコニコ動画

対戦の雰囲気だけでも味わっていただければ幸いです

www.nicovideo.jp

 

 

 

 

5割を超えていくshardbound

日本語対応していない海外のカードゲームをやろうとしているオタクに向けて書くと

「こいつ書いてることあっさ、スパムじゃん」とかになるので、今回は僕が始めたばかりのころ考えていたことを書こうと思います。

 

1 色選びについて

始めたばかりのころ僕は青しか使っていませんでしたが、その時他の色に対して思っていたことは

「は?赤と緑無限のリソース生み出しとるが馬鹿か?」

「紫は全知全能だし橙は全体攻撃がズルすぎるでしょ」

「黄色とかいう色は存在してるのか?」

こんな感じです。

まあ勝てないです。多分3割か4割くらいでした。

僕の印象ではshardbaundの青は、5色の中で最も配置が重要で、少し慣れが必要になると思っています。

ネックとなるのが ヒーローの能力です。視界が通っている対戦相手のミニオンアーティファクトを2マス移動させることができます。慣れればありえないほど強い能力なのですが、まあ無理ですね使うの。

青の使い方なんてものをかけるほど成熟しているわけではないので、今回は勝ちやすい色を書いていこうと思います。

5割を超えるたまにすぐ勝ちたいのなら、僕は赤を推奨します。理由は後述の安価で作れるデッキがあるからです。

 

2 デッキ作りについて

このゲームの基本として、ミニオンに近距離と遠距離があります。

近距離ミニオンは遠距離攻撃に対して反撃できません。なので最初遠距離が強いゲームだと思いましたが、それは間違いです。

まず、遠距離ミニオンは能力値が低いです。

f:id:katuobus:20170711184639p:imagef:id:katuobus:20170711184640p:image

これくらい差が出てきます。そして遠距離ミニオンは反撃が一切できません。なので倒されるときはほぼ確実にカードが相手より一枚少なくなります。

また、flyingの能力を持つミニオンミニオンの位置を移動させるカードを使われてしまうのも辛くなってしまいます。

f:id:katuobus:20170711185157p:imagef:id:katuobus:20170711185200p:image

どちらもよく見かけるカードです。

こうした理由から近距離ミニオンを多く採用することなります。 

例を挙げておきます

f:id:katuobus:20170711185455p:image

作chikuwan

ウィキに乗っているデッキです。レジェンドとエピックがないのでまずはここを完成させていくといいと思います。

お財布に余裕があり、このゲームおもしれえなと感じたなら600円くらいでレジェンド確定で手に入るセットがあるので買うと楽になる。

足りないカードがある場合は基本的に同じコストの近距離ミニオンを入れていく。もちろん、運よくレジェンドやエピックを手に入れてる場合は積極的に入れていきましょう。

 

とりあえず多少回しての簡単なガイドだけ記述しておきます。

勝つための方法 

相手のライフを0にする。

マリガン

先手

1コスト+3コスト もしくは2コスト+2コスト

後手

2コスト+3コスト 

 

先手後手ともにefficiency expertある場合のみ4コスト残してもいいです。

 

ゲームの流れ

まずはミニオンを並べることが重要です。そしてマナを使い切ることを意識しましょう。

4マナある状態で手札が2マナ、2マナ、4マナ、3マナなどの場合、ほぼ4コストを出したほうがいいです。理由は次のターンに5マナ使えることが保障されるからです。

まずはそこを意識していきましょう。

 

次はミニオンをどう動かしていくかです。しかしここは本当に難しく、相手のカードの予想などが必要になってきます。

ですのでとりあえず高所(ちょっと盛り上がっているところ)目指して動かしていきましょう。ここに陣取れば視界が開け、ヒーローの攻撃をしっかりと活用でき、同時に橙が主に持つアビリティ[supremacy]を対策することができます。

 

また、ほかの注意する点としては攻撃する対象です。

序盤に相手の近距離ヒーロー(緑、紫、黄)に攻撃することはあまりよくないです。理由としては反撃を食らってしまい、返しの相手のターンで効率的に倒される可能性が高いからです。

 

これらを多少意識して使ってみましょう。練習するのならばCPU戦でも大丈夫です。勝ってるときはどんなゲーム展開なのかをなんとなくでいいのでつかんでいきましょう。

 

 

まとめ

 勝たなきゃどんなゲームでも続けていきにくいです。CPU相手でも勝ちは勝ちです。負ければ気分が悪くなるのは当然だし、勝てば気分がいいです。

幸いなことにこのゲームは続ければ資産がたまっていくゲームです。日本人向けのdiscordなどでプレイの疑問点の質問もできます。たのしんでshardboundをやっていきましょう。

 

上記のデッキを使った動画

撮影中

 

shardbound トーナメント直前で考えたこと

対面のキャラを見てから平気でキャラを変える男、かつおです。

 

shardbaundに限った話ではないんですが僕は何か大会に参加するときにはほとんどラダーなどでは絶対入れないカードを打ち込みます。

当然裏目にでることもあるんですけど、基本的にゲームがあまり上手くない僕が格上に勝つには必須の行動だと思ってます。

 

shardbaundではマップにマナクリスタルが出現し、それを取ることで一時的にマナ加速できるようになりました。(先行1つ、後攻2つ)

これによる影響の例として紫のスラルデッキで初手swarm spore打ってくるやつもいますし、さらに言えば緑自体も増えた印象があります。

アーティファクトは早く置けば置くほどアドバンテージを生み出し、相手に回答を迫ります。

マナクリスタルによってアーティファクトは強さを増しました。

f:id:katuobus:20170709124634p:imagef:id:katuobus:20170709125006p:imagef:id:katuobus:20170709125019p:image

 

これに対する回答とすぐに思いつくのがwrecking crewといったアーティファクトを破壊するカードになります。

f:id:katuobus:20170709125352p:image

ですがこういったテックカードは当然スタッツが低いものになります。6/4というスタッツはアーティファクトを破壊することができればそれに見合ったものですが、できなければ2コスト4/3と相打ちを取られてしまいます。

そういったところで対戦相手の情報がないラダーにおいて、こうしたテックカードは弱いカードとなることがあるため、基本的には抜いてしまっています。(スタッツか基準に達しているものは別)

f:id:katuobus:20170709130318p:image

(6/7になってます)

 

では大会ではどうかというとある程度の予測が立てられます。今回の大会では日本人の集まるdiscordが主体となっていました。

 紫のスラルデッキやオレンジの話題が多かった印象です。

紫のスラルデッキはアーティファクトが2コスなのでそれを破壊し、さらに1点を飛ばせるカードを積むことで対策しようと思いました。

オレンジに対してはシールドを生かしたアグロ気味の猛攻が予想されます。シールドに対して1点を飛ばすことが重要なのかと思い、組んだデッキがこちらになります。

f:id:katuobus:20170709131547j:image

入れ替えで入れたカードが

buccaneer、wrecking crew、soul shifterです。(スタッツが少し変わっています)

f:id:katuobus:20170709132118p:imagef:id:katuobus:20170709132034p:imagef:id:katuobus:20170709132121p:image

それぞれしっかりと一回戦二回戦で活躍してくれ、勝利を手にしました。

wacking crewとsoul shifterは相手のアーティファクトをしっかり壊す原動力となり、buccaneerは微妙ですが1点をしっかり飛ばしてくれました。

しかし決勝のvsオレンジではこれらのカードを信頼しきれず負けてしまいました。後悔が残る試合です。

https://m.youtube.com/watch?v=DkFS7rXArGQ

 

次の大会ではデッキの精度をもっと高めて挑みたいです。

 

追記するかも

 

 

 

 

シャドバ新カード評価ワンダーランドドリームズ

カード評価はあってたらどや顔して外れてたら知らん顔できるのでやり得だしあとでにやにやできるから神

というわけでレジェンドとゴールドとやばそうな奴だけは感想書きます

4段階評価で効果はいちいち書きません

 

ニュートラル・レジェンド

海の女王 星4

f:id:katuobus:20170622153708p:plain

ワンキルパーツ。君はサハゼルから何を学んだんだ?といいたいけどそれぞれのパーツがそもそも強かった感じある。超越やらも対象にできるんでワンキルは増えそう。

 

シンデレラ 星3

f:id:katuobus:20170622153656p:plain

可愛いのはアドだし効果もアド。ニュートラルを軸にするならほぼ入るでしょ。

 

エルフ・レジェンド

美女と野獣 星3

f:id:katuobus:20170622153248p:plain

手札5枚以上の時点でスタッツお化け。ビューティー%&ビーストはダサいと思います

 

フェアリードラゴン 星4

f:id:katuobus:20170622153537p:plain

2コストはバグ ただ破壊されたなので回収したりするとべつに攻撃力は上がらない。まあ雑に強いんで使われるでしょ

 

エルフ・ゴールド

妖精の使役者 星4

f:id:katuobus:20170624131212p:image

宝石の奴に謝って欲しいんだが?

単純に2点飛んでいくのがつええしバーストにもなる。最強

 

エルフの双撃 星2

f:id:katuobus:20170624131501p:image

ブラマジって感じ 

 

リラ 星4

f:id:katuobus:20170624131646p:image

三コストでこれはズルいしつええよさすがに

 

 

 

 

ロイヤル・レジェンド

シンデレラ 星4

f:id:katuobus:20170622153603p:plain

スタッツの法則がぶっ壊れた。僕は高コストのスタッツがぶっ壊れてるのはいいんだけど低コストがぶっ壊れるのはちょっと不安

 

古の英雄 星1

f:id:katuobus:20170622153628p:plain

使いますかこれ?僕はファングスレイヤー入れるけど

 

ウィッチ・レジェンド

オズの大魔女 星2

f:id:katuobus:20170622153619p:plain

基礎スタッツ満たしていて効果は面白そう。でもドロシーには入らないと思うよ。僕は逃げずにくそと評価しておく

 

呼び覚まされし禁忌 星4

f:id:katuobus:20170622153725p:plain

ドボンもできるしたぶん効果起動するの結構簡単な気がする。あとかっけぇ!

 

ドラゴン・レジェンド

天窮の竜神 星2

f:id:katuobus:20170622153905p:plain

ラストワードとかいうくそ

 

ジェバウォック 星3

f:id:katuobus:20170622153740p:plain

僕はユニコから10コストを生み出して見せるので星3です

 

ネクロマンサー・レジェンド

ダークアリス 星3

f:id:katuobus:20170622153759p:plain

オタクカード。力比べでもしてぶっ殺していけ

 

災厄の屍王 星1

f:id:katuobus:20170622153922p:plain

生まれた意味を教えてくれ。お前に食べさせる屍などないしお前自身がネクロマンスの材料になっていてくれ

 

ヴァンパイア・レジェンド

邪悪なる妖精・カラボス 星4

f:id:katuobus:20170622153810p:plain

これだよこういうカードがほしかったんだよ。永続ファンファーレで重ね掛け可能。6/6なのもえらい。ヴァンパイアが使いたくなってくるカード。

 

昏き底より出でる者 星4

f:id:katuobus:20170622153821p:plain

潜伏中ならってところに注意 ほぼ100パーセント6点は入るので裁判所とかAOEとかにあわせてとどめを刺しに行け

 

ビショップ・レジェンド

黄金卿の獅子 星3

f:id:katuobus:20170622153833p:plain

お前は美少女じゃないからドロシーの代わりにはなれない。まあ効果は強いし5コストとかで出せそう。

 

スノーホワイトプリンセス 星4

f:id:katuobus:20170622153843p:plain

雑に強いとしか言いようがない 自爆特攻しても進化で2/3生まれやがって殴ってくる。ビショップだからって許されないでしょ

 

 

 

 

 

 

shardbound 青雑感2や使ったデッキについて

f:id:katuobus:20170529031904j:imagef:id:katuobus:20170529031906j:image

オタクはまずこれを作れ

絶対に必要って言葉は英語でabsolutely necessaryというらしい本当かは知らない

 

5月28日のshardbound JPトーナメントで僕はこのカードの必須性に気付かされた

こいつはハースストーンで言うところのDr.boomだしシャドバで言うならエンシェントエルフでした

f:id:katuobus:20170529032258p:imagef:id:katuobus:20170529033350p:image

 

単純に変えが効かないカードだった

自分のユニットを2マス進ませるだけでも4コスの価値があるのに2/1まで量産してくる。

katell出されて4/1が量産されたらオワだよ

そんなわけで僕は

「super time skipねえからサクサク殴って勝つしかないかなあ」

なんて考えでデッキをいじっていた

 

そんなわけで僕が大会で使ったのがこれ

f:id:katuobus:20170529033601j:image

まあ色々言いたいことはある。

せっかくfate linker2枚入れたしsoul shifterも2枚入れたいと思ったし、 こいつも入れたかった。f:id:katuobus:20170529034104p:image

まあ無い物ねだりしてもしょうがないのであるもので考えるのが板である。

altanate realityは最初外していたのだが毒持ちのこいつ

 f:id:katuobus:20170529034321p:image

 これが流行ってる上に引きこもったりしてるやからが見受けられたので投入

5コストのtemporal drifterは一コスの呪文を使った後で出す実質4コスのミニオンって感じで考えてたりもした。 master of faceは突撃持ちをコピーしたりシステムミニオン(katellみたいな)をパクったりなど面白くて強いカードなので投入

fluxに関しては1コスの呪文が欲しくて一番マシそうなやつを選んだ

ちなみに効果は全く理解できておらず意味不明な挙動を行いやがったので解雇

dancerは毒持ちと4コスや5コス帯あたりの飛行用

こんな具合である

spark of geniusに関しては後手番や攻撃を分散させたい時などがありミニオンよりも優先した

 

基本的にオタクなのでカードを一枚引くと書いてあると入れたくなる病気にかかっている

実際AOEとかないのでそういったところでカード差をつけて勝つプランもある

 

というわけでね、大会はファッティーグとミニオンの枚数差で死にました

 

一枚なんか引ければ未来あるかな〜とか思ったら手札に何も来なくて頭が???ってなってたね し、呪文が多いからミニオン足りてなかった感じもある

 

何が言いたいかというとね

super time skipはそういった痒いところに手が届くカードだなと言いたいわけですよ

ミニオン増やせるしそもそも有利トレードも仕掛けやすくなる

こっちのミニオンが増えれば相手もある程度攻めないといけなくなるから受けで勝つこともできる

あらゆる選択肢に関わることができる

ただ4コスっていコストはかかるからそれまでにある程度盤面を持たせる必要はある

 

そんな感じでsuper time skipを青使う人は作れという内容でした

僕は今度作っときます

 

 

 

 

 

shardbound 感想と青

chikuwan様が開いてくださった大会も終わりひと段落したのでいろいろ感じたことをまとめてみる。

1 shardbound 遊んで感じたこと

良いところはボードゲームとカードゲームをうまく合わせているなと感じた。

二つを合わせたものの代表的な例を挙げると、ニュートラルカードでdancerとshadeというカードがある

f:id:katuobus:20170430005222p:imagef:id:katuobus:20170430005357p:image

この二枚のカードは敵もしくは味方のミニオンの位置を3マス変えることができるカードだ。

フィールドは

f:id:katuobus:20170430005555j:image

こんな感じになっており一つのミニオンが動けるマスは基本的に3マスとなっている。

fearが自身から遠ざけchamが近づける。

こうしたカードでミニオンの位置関係を変えることで有利なトレードを行うことができるのは戦略性を増していると感じた。

他にもあるのだが割愛。

 

カードデザインで言えばニュートラルカードが他のゲームと比べて強く感じる。しかしニュートラルカードでみんな同じデッキになるわけではなく、各色のカードを組み合わせることによって、デッキごとに各色の特徴がはっきり出る点は素晴らしいと感じた。

 

またオマケだがグラは綺麗な方だと思う。

 

悪い所はゲーム以外のところにあると感じた。

wを押せば俯瞰視点になり見やすくなるが、せっかくのボードゲームで、しかもグラも綺麗なのである。右クリック長押しとかでステージを見渡せるようにしてほしいなと感じた。

 

また、グラに気を使いすぎているせいか、かなりミニオンのグラで使い回しが多い。

こんな感じ

f:id:katuobus:20170430010841j:image

真ん中がアーティファクトで左右はミニオン

レアリティに関係なく基本使い回しの状態である。レジェンドを手に入れても喜びが半減してしまう。

グラ追加ペースもかなり遅いので少し心配である。

 

現在はβテストの状態なので、正式なものを出す際にはしっかりとユーザーの意見も取り入れて行ってもらいたい。

 

2  青デッキ

f:id:katuobus:20170430011019j:image

こんな感じのデッキを使った。

本来なら4コスのastral championは2枚積みたいし代用のカードをかなり混ぜてしまっている。早くクラフトしたいものである。

 

基本的に1コスのtimesmithが1ターン目に出せればspark of geniusやastral championといったカードで成長していく。

f:id:katuobus:20170430011553p:image

 

3コストのfrenzied direhide

f:id:katuobus:20170430011813p:image

こちらはスタッツが高いことからの採用。勝手に動き回るがヒーローの攻撃と合わせて盤面を取ることができる。本来なら2枚積みたい。

 

遠距離は遠距離に攻撃されても反撃できなかったり押されている時に邪魔になったので抜いてしまった。

 

バウンスカードは相手の遠距離ミニオンに対して使うことを基本的に想定。

 

できればsuper time skipが欲しかったが手に入らなかったため試していない。

f:id:katuobus:20170430012249p:imagef:id:katuobus:20170430012251p:image

 

青という色はヒーローアビリティで敵の位置を変えることができる。

これによって戦闘面で相手に対してプレッシャーをかけることが重要である。

このデッキではしっかりと序盤から有利なトレードを仕掛け8ターン目(katellを出すターン)までに勝負を決定づけることを目標としている。

 

ニュートラルカードでスペルを唱えるたびに1/1プラスされるカードがあるのだがf:id:katuobus:20170430013159p:image

これを入れた型はうまくこいつを生かすことができなかった。そのうち考える。

 

3 まとめ

とりあえず現状先行有利なのかな?勝率を発表してほしいところだがβテストの最中なのでしょうがないのだろう。

後攻で嬉しかったことがほぼないためちょっとした修正をしてほしいなとは思う。

これからに期待できるゲームなので流行ってほしいものである。

 

 

 

 

シャドバBO3日記

4月27日にやったBO3は散々だったわけだが色々気づいたことがあったから自分のためにまとめておく。

1ネクロドラゴンの多さとネクロの構成について

 シャドバのBO3をやるに際、今話題のアプリを利用して対戦相手の方を見つけるわけだがまああああああああああああああああああネクロドラゴンの組み合わせが多い。

 まあこちらもネクロは持っていくのでほぼ初戦はネクロVSネクロになっていた。

 重要だと思ったのはミラーの際、後手である程度の勝率を出せないときついなと感じた。今回の戦績がくそだったのは後手を引いたとかいう言い訳の前に後手であまり強くないなあと感じるようなデッキ構成だった。

 ゾンビパーティなどのカードは3枚積んだほうがいいと思うし、どっかでダメージレースをまくる必要がある。

 もちろんどうしようもないときはあるのであまり後手に寄せすぎてほかのデッキに弱くなるのは意味がない。だがRAGEのような大会の時に後手引いておわ^~なんてのは嫌だなあって感じだ。

 

2どこを抜くのか

 まあBO3なんでネクロは抜けるとしてもうひと枠どうするかという話だ。現状めちゃくちゃ多いのはドラゴンで、それに対してできるだけメタを張ったロイヤルを持って行ったのだがそれに関しては正解だった。

 ただそのロイヤルがほかのエルフやらビショに対して勝てるかというと少しうーーーーーんって感じである。

 仮に持っていくとしたらこのロイヤルがドラゴンに対してほぼ1000パーセント勝てるレベルじゃないとなあって感じである。ネクロの相方でドラゴンに対して有効なエルフが出てくる可能性はめちゃくちゃあるわけで、そこに勝てるかなやましいと持っていく意味がないと考えている。いっそのこと超越をもっていくか????なんてことにもなっている。

 

まあ時間はあるのでもう少し負け続けてもいろいろ試してみる。へたくそだしね。

 

でもまずは土曜日にあるシャドバ(shardbound)の大会があるからそっちがんばる。

このゲーム面白い