shardbound 青雑感2や使ったデッキについて

f:id:katuobus:20170529031904j:imagef:id:katuobus:20170529031906j:image

オタクはまずこれを作れ

絶対に必要って言葉は英語でabsolutely necessaryというらしい本当かは知らない

 

5月28日のshardbound JPトーナメントで僕はこのカードの必須性に気付かされた

こいつはハースストーンで言うところのDr.boomだしシャドバで言うならエンシェントエルフでした

f:id:katuobus:20170529032258p:imagef:id:katuobus:20170529033350p:image

 

単純に変えが効かないカードだった

自分のユニットを2マス進ませるだけでも4コスの価値があるのに2/1まで量産してくる。

katell出されて4/1が量産されたらオワだよ

そんなわけで僕は

「super time skipねえからサクサク殴って勝つしかないかなあ」

なんて考えでデッキをいじっていた

 

そんなわけで僕が大会で使ったのがこれ

f:id:katuobus:20170529033601j:image

まあ色々言いたいことはある。

せっかくfate linker2枚入れたしsoul shifterも2枚入れたいと思ったし、 こいつも入れたかった。f:id:katuobus:20170529034104p:image

まあ無い物ねだりしてもしょうがないのであるもので考えるのが板である。

altanate realityは最初外していたのだが毒持ちのこいつ

 f:id:katuobus:20170529034321p:image

 これが流行ってる上に引きこもったりしてるやからが見受けられたので投入

5コストのtemporal drifterは一コスの呪文を使った後で出す実質4コスのミニオンって感じで考えてたりもした。 master of faceは突撃持ちをコピーしたりシステムミニオン(katellみたいな)をパクったりなど面白くて強いカードなので投入

fluxに関しては1コスの呪文が欲しくて一番マシそうなやつを選んだ

ちなみに効果は全く理解できておらず意味不明な挙動を行いやがったので解雇

dancerは毒持ちと4コスや5コス帯あたりの飛行用

こんな具合である

spark of geniusに関しては後手番や攻撃を分散させたい時などがありミニオンよりも優先した

 

基本的にオタクなのでカードを一枚引くと書いてあると入れたくなる病気にかかっている

実際AOEとかないのでそういったところでカード差をつけて勝つプランもある

 

というわけでね、大会はファッティーグとミニオンの枚数差で死にました

 

一枚なんか引ければ未来あるかな〜とか思ったら手札に何も来なくて頭が???ってなってたね し、呪文が多いからミニオン足りてなかった感じもある

 

何が言いたいかというとね

super time skipはそういった痒いところに手が届くカードだなと言いたいわけですよ

ミニオン増やせるしそもそも有利トレードも仕掛けやすくなる

こっちのミニオンが増えれば相手もある程度攻めないといけなくなるから受けで勝つこともできる

あらゆる選択肢に関わることができる

ただ4コスっていコストはかかるからそれまでにある程度盤面を持たせる必要はある

 

そんな感じでsuper time skipを青使う人は作れという内容でした

僕は今度作っときます