5割を超えていくshardbound

日本語対応していない海外のカードゲームをやろうとしているオタクに向けて書くと

「こいつ書いてることあっさ、スパムじゃん」とかになるので、今回は僕が始めたばかりのころ考えていたことを書こうと思います。

 

1 色選びについて

始めたばかりのころ僕は青しか使っていませんでしたが、その時他の色に対して思っていたことは

「は?赤と緑無限のリソース生み出しとるが馬鹿か?」

「紫は全知全能だし橙は全体攻撃がズルすぎるでしょ」

「黄色とかいう色は存在してるのか?」

こんな感じです。

まあ勝てないです。多分3割か4割くらいでした。

僕の印象ではshardbaundの青は、5色の中で最も配置が重要で、少し慣れが必要になると思っています。

ネックとなるのが ヒーローの能力です。視界が通っている対戦相手のミニオンアーティファクトを2マス移動させることができます。慣れればありえないほど強い能力なのですが、まあ無理ですね使うの。

青の使い方なんてものをかけるほど成熟しているわけではないので、今回は勝ちやすい色を書いていこうと思います。

5割を超えるたまにすぐ勝ちたいのなら、僕は赤を推奨します。理由は後述の安価で作れるデッキがあるからです。

 

2 デッキ作りについて

このゲームの基本として、ミニオンに近距離と遠距離があります。

近距離ミニオンは遠距離攻撃に対して反撃できません。なので最初遠距離が強いゲームだと思いましたが、それは間違いです。

まず、遠距離ミニオンは能力値が低いです。

f:id:katuobus:20170711184639p:imagef:id:katuobus:20170711184640p:image

これくらい差が出てきます。そして遠距離ミニオンは反撃が一切できません。なので倒されるときはほぼ確実にカードが相手より一枚少なくなります。

また、flyingの能力を持つミニオンミニオンの位置を移動させるカードを使われてしまうのも辛くなってしまいます。

f:id:katuobus:20170711185157p:imagef:id:katuobus:20170711185200p:image

どちらもよく見かけるカードです。

こうした理由から近距離ミニオンを多く採用することなります。 

例を挙げておきます

f:id:katuobus:20170711185455p:image

作chikuwan

ウィキに乗っているデッキです。レジェンドとエピックがないのでまずはここを完成させていくといいと思います。

お財布に余裕があり、このゲームおもしれえなと感じたなら600円くらいでレジェンド確定で手に入るセットがあるので買うと楽になる。

足りないカードがある場合は基本的に同じコストの近距離ミニオンを入れていく。もちろん、運よくレジェンドやエピックを手に入れてる場合は積極的に入れていきましょう。

 

とりあえず多少回しての簡単なガイドだけ記述しておきます。

勝つための方法 

相手のライフを0にする。

マリガン

先手

1コスト+3コスト もしくは2コスト+2コスト

後手

2コスト+3コスト 

 

先手後手ともにefficiency expertある場合のみ4コスト残してもいいです。

 

ゲームの流れ

まずはミニオンを並べることが重要です。そしてマナを使い切ることを意識しましょう。

4マナある状態で手札が2マナ、2マナ、4マナ、3マナなどの場合、ほぼ4コストを出したほうがいいです。理由は次のターンに5マナ使えることが保障されるからです。

まずはそこを意識していきましょう。

 

次はミニオンをどう動かしていくかです。しかしここは本当に難しく、相手のカードの予想などが必要になってきます。

ですのでとりあえず高所(ちょっと盛り上がっているところ)目指して動かしていきましょう。ここに陣取れば視界が開け、ヒーローの攻撃をしっかりと活用でき、同時に橙が主に持つアビリティ[supremacy]を対策することができます。

 

また、ほかの注意する点としては攻撃する対象です。

序盤に相手の近距離ヒーロー(緑、紫、黄)に攻撃することはあまりよくないです。理由としては反撃を食らってしまい、返しの相手のターンで効率的に倒される可能性が高いからです。

 

これらを多少意識して使ってみましょう。練習するのならばCPU戦でも大丈夫です。勝ってるときはどんなゲーム展開なのかをなんとなくでいいのでつかんでいきましょう。

 

 

まとめ

 勝たなきゃどんなゲームでも続けていきにくいです。CPU相手でも勝ちは勝ちです。負ければ気分が悪くなるのは当然だし、勝てば気分がいいです。

幸いなことにこのゲームは続ければ資産がたまっていくゲームです。日本人向けのdiscordなどでプレイの疑問点の質問もできます。たのしんでshardboundをやっていきましょう。

 

上記のデッキを使った動画

撮影中