banありのランクマッチに行くにあたって

ゴールドに上がったのでドルパン作るまでランクマッチは引退!とか思いつつランクマッチに行ったら蜘蛛ban食らって貢献度が0.23とかで勝たせてもらいましたかつおです。

 

ちなみに爆撃も自分でbanして、ゴエティックもbanされていたので僕のデッキには使えるものが消えていました。

蜘蛛をbanした時に思わずnoooooooと打ち込んだのですが:)と打たれました。僕はsry  X(と返すことしかできませんでした。そもそもbanの時に僕がno spider plz と打てばよかった話ですからね。

 

結局のところ3vs3みたいな複数人が参加する対戦ゲーは運の要素が強まります。それに対して僕らができることといえばこういった画像を集めらことくらいです。

f:id:katuobus:20171009013104p:image

世界の終わり

 

あとはチャットでの意思疎通もありますがまともにうまく言ったのは中国人がme all groundといったので僕が一生対空やってた時くらいです。スマホですしチャットは厳しい

 

閑話休題

 

さて実際問題ban制度についてはハースストーンの競技シーンやLOLのランクマッチなどでも見ることができますが、やはりbanがあると何かを見なくて済むというのが大きいです。自分はまだゴールド帯で少ししかやっていませんが、このゲームではスキルとユニットをbanすることができます。

例えば獣の代表的なユニットであるリザードマンをbanしたとします。生物が得意なユニットが獣から序盤に出てくることが少なくなりますので序盤の生物ユニットを通しやすくなります。火炎放射兵などが代表的なユニットでしょうか。

f:id:katuobus:20171009031809p:imagef:id:katuobus:20171009031821p:image

 普段なら一方的にやられる相手がいなくなる!

 

また味方と敵が蜘蛛とドルパンと言った選択肢を選んだ時に獣を使うのはかなり辛いです。

こう言った時僕だと人類を出すしかないわけですが、勝率40パーセントでテキトーに組んでる人類が出てくると味方はFから続く英単語をチャットに入力するでしょう。

僕は使ったことなくてわからないのですが、ゴエティック関連のコンボもゴエティックがbanされれば警戒も必要なくなります。

 

だからこそ複数個の種族を扱える、もしくは形を変えたデッキを用意している必要があります。コンボデッキはキーパーツがbanされる可能性があるし、そもそも種族の中核となるコマンダースキルやユニットがbanされてしまうと、その種族を使うことも困難になります。

 

まああとはチャット、もしくはエモートをポジティブに使った方がいいですね。外国の方の方が日本人よりも気軽にエモート飛ばしてきますし深い意味はないです。素直に飛ばし合いましょう。

チャット用の英語はLOLmtgのウィキに乗ってますので覚えていると海外の配信とかを見るときも楽しいです。

 

all ドルパン ban なら作る必要ないかなと思えてきましたが、僕はちまちまと戦術アカデミーの報酬を受け取る作業に戻ります。

 

ではこの辺で